浮気調査

彼氏の浮気相談・身元調査おすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから探偵を雇うつもりでいたら、標準的な料金に関する知識が不足していると、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。

 

おおむね2時間の調査で2万円超は計算しておくと間違いありません。

 

期間(時間数)が増えたりすれば費用負担は増えるだけですから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。しかし、双方には明らかな相違点がありますから、ご注意ください。様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。認可官庁によってしっかり管理され、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。

 

配偶者の不倫行為が発覚したら、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気を鎮めるようにしてください。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚だの慰謝料といった問題も出てきます。
夫婦で話し合う時間を確保し、これから先どうしていくか相談することをおすすめします。探偵御用達のツールとしては、以前は発信機でしたが、いまは高性能GPSの利用が進み、旧発信機の時代に比べると調査対象の追跡性能がアップしました。

 

 

いまどきのGPSの精度はとても高く、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象の位置の把握は難しいことではありません。GPS を取り付けることができれば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。

 

かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るには相応の経験とカンが必要です。

 

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼人を推定しやすいということからも、徹底的に注意を重ねるのは常識です。

 

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵を頼むには、ひとまず電話をかけて話をしましょう。それがファーストステップです。
電話を通した相談で感触が良く、詳細を打合せたいというときは、最寄りの営業所まで行きます。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、信頼できる会社だと思ったら契約書を交わし、そこから本当の調査が始まるのです。探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。

 

調査会社への代金の決済(支払い)方法は、全国展開しているような大手だとクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割に対応しているところもあります。

 

一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、支払いでためらっているのであれば、分割OKの事業者を見つけるといいでしょう。大手なら近くに営業所があるかもしれません。最近は探偵も興信所もその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。

 

探偵業を営むという点で変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。もっともジャンルごとの得手、不得手は、業者によって異なるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、書式は一定ではないようです。ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使われるなら、証拠書類として認められるよう、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと困りますよね。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社を選ぶようにすると良いでしょう。
不倫をやめた原因として一番多いのは、当然かもしれませんが、浮気が発覚したからだそうです。普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは簡単ではありませんから、そういったことを専門にする探偵会社に相談し、調査してもらう方が、確実性があるというものです。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。

 

 

 

探偵の調査能力というのは、会社の規模によるところも大きいです。

 

全国に協業体制を持つ探偵社の場合、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時世に沿った体制づくりを模索しています。著名な探偵社は相談員や調査員の育成に時間と費用を充分にかけていて、当然ながら調査面にも表れてくると思います。探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をやってもらうことはできませんから、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。

 

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで予期しなかったトラブルや金銭問題になる危険性もあります。

 

 

失敗しないよう、依頼前に情報収集を行い、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

 

不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。本来大事にすべき相手を騙していることに自責の念を感じ、先のない不倫という関係に辟易するのです。

 

また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、後ろめたさも手伝って、ついに別れようという気持ちになりやすいといわれています。

 

 

 

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。

 

 

ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。探偵業者を使って浮気調査をするなら、だいたいの相場はあらかじめ調べておきたいものです。

 

 

 

相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者もあるので、身を守るためでもあります。

 

 

それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、追跡調査時の経費や機器代など、割高な支払いを要求されることもあるので、追加料金の発生条件等も、しっかり確認させてもらうようにしましょう。

 

以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、これは浮気しているなと思いました。

 

相手が誰かだけでも知りたくて、チェックしてみましたが、こともあろうにしっかりロックされていて、なんの情報も得られませんでした。

 

 

 

こうまでしてあるからには、もう、探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、いまだに踏ん切りがつきません。最近の探偵業者は、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースもあるようです。初めて探偵の仕事を依頼するのですから、活用して損はないと思います。
信頼できる会社かどうか理解を深める上で重要な情報が得られるからです。

 

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、漠然とした不安や現在の状況などを整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。
どのようなものでも証拠になるというわけではなく、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用される例もあります。

 

 

あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは危ないと思ってよいでしょう。一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのは、悪徳業者にはよくあることです。
真面目に営業している探偵、興信所ではけしてそのような行為はありません。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、素人が浮気の証拠をつかむのは簡単なことではありません。

 

 

 

しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても何かと便利に使えるでしょう。

 

 

配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、探偵を雇って調査してもらいましょう。

 

 

調査費用はかかりますが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。

 

有名どころや老舗が100パーセント素晴らしいとは言いませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが後悔することが少ないと思います。会社規模が小さなところでは、ろくすっぽ仕事もしないくせに代金の支払いを求めてくる会社や別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども良い検討材料になりますね。参りました。うちの旦那さんの浮気って、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも入籍する前から相手も複数。

 

 

常習だったんですね。

 

今さら知りたいとも思いませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしてもこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。

 

謝られてもこれから一緒にいる気力というのがなくなってしまって、いいかげん別れるしかないでしょう。実際、不倫行為にはまっている人は、ウツが多いですね。

 

その大きな要因は、精神的な緊張や負荷でしょう。

 

恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不安やストレスを持っている時間が長くなり、精神面や体の不調として出てきます。

 

 

それに、取り残された配偶者も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。

 

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査する相手と親しいほど尾行自体がバレやすく、さらにはもし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も想定しておかなければいけません。

 

探偵業者でしたら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるのです。

 

知らない探偵社に個人的に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、匿名での問い合わせや相談に応じているところも多いですから、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、信用のおける業者であることがわかってきたら、あらためて個人情報を伝えるといいでしょう。
出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、高額な慰謝料を要求されることだってあります。

 

倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。

 

 

どういうルートを辿ろうと、心の底から安心して幸せになるという到達点は、あるわけがないのです。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能です(民法779条)。

 

認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。
なかなか認知されない場合、裁判にまで発展するケースもあります。

 

 

 

つまり子供ができてからでは遅く、その前に不倫関係を絶っておかなかったら、いずれ大きな金銭的負担も覚悟しなければなりません。
探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、時間もコストも削減できます。

 

全部が全部、調査員にまかせてしまうと、浮気の確証を得るまでに余計に時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。
側にいるからこそ気付くことは少なくないでしょうし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと良い結果が出やすいでしょう。前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。

 

 

 

確証が欲しくて、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。

 

 

 

安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、一番感じが良かった探偵さんに調査を依頼しました。

 

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。

 

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、作業には支払いが必要です。スタッフが行う調査の内容により、支払い額が変わってきます。

 

 

 

尾行調査だって、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。期間、季節、時間帯などによっても料金は変わりますので、所要時間が多ければ、それだけ多くの費用を必要とします。

 

興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は要りません。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を取り付けることが開業の大前提となります。

 

 

 

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。

 

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。

 

しかも、事実が判明したところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では仕事を辞めさせることはできません。
そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、社内の秩序や風紀をみだす畏れという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、処罰といえるようなものはなしで曖昧に済まされることが多いです。パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

 

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、逃げおおせることはできないでしょう。

 

慰謝料の額は実際、50万くらいから何百万円までと千差万別です。

 

 

その額で難しいときは、支払いの分割化や金額変更を交渉することもできます。子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、お付き合いを始めました。まあ、不倫ですよね。
長らく子供と家庭だけを軸に、まったり主婦ライフを送っていたため、以前と変わったところがあったのか、早くから主人もわかったらしく、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する羽目になってしまったのでした。一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、以前は発信機でしたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機と比べると明らかにターゲットを見失う危険性が減りました。

 

 

いまどきのGPSの精度はとても高く、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ相手車両の発見は容易になりました。これさえガッチリとつけることができれば、追尾調査の精確性は大いに向上します。